「月別: 2018年9月」の記事一覧

おしなべて企業というものは社員に対して

総じて会社そのものは、中途で雇用した社員の教育に向けてかける期間や費用は、出来るだけ抑えたいと思っているため、自分の努力で成功することが要求されています。 売り言葉に買い言葉を返して、「こんなところ直ぐにでも退職してやる […]

いわゆる給料や就業条件などを気にする方

昨今就職内定率がついに過去最悪らしい。それなのに採用の返事を掴み取っているという人がいるのだ。内定してもらえる人ともらえない人の大きな相違点はどこなのだろうか。 どんなに成長企業であったとしても、どんなことがあっても今後 […]

企業が社員に対して思ってること

「就職氷河期」と最初に命名された時期の年代で、マスコミや社会の風潮に押されるままに「仕事があるだけで貴重だ」などと、働く場所をよく考えず決めてしまった。 いわゆる企業は社員に相対して、どのくらいの得策な条件で契約してくれ […]

超氷河期と名付けられた年代の転職事情は?

就職の選考試験の一つとして、応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところは沢山あります。採用側は面接だけでは見られない気質などを確かめるのが意図なのである。 頻繁に […]

自分の持つ能力をこの企業でなら活用できると思った会社に就職しよう

会社ならば、1人の都合よりも組織の全体像としての都合を最優先とするため、時たま、意に反した人事異動がよくあります。必然的に当事者にはすっきりしない思いが残るでしょう。 転職というような、例えるとすれば秘密兵器を今まで何回 […]