財布を変えて金運アップ!

以前から、財布の購入は春が適しているとされています。

春の財布は、財布がお金で張るということで金運がアップするという意味が込められています。

これとは別に、秋に入手した財布は空き財布という意味があり、金運には好ましくないとされています。

その上、財布のタイプでも二つ折り財布と長財布を比べると、長財布のほうが適しているという見方がされています。

二つ折りタイプの財布は折られることでお金が狭苦しくなって早く逃げてしまい、長財布の場合は紙幣も余裕を持って入れることができるので紙幣がのんびりといつまでも留まっていてくれるという理由です。

しかし、財布の形よりも、財布の中がごちゃついていることのほうが金運には良くないため、財布の中身はちゃんと整理しておきましょう。

この他に、財布の色も金運を大きく左右すると認識されています。

黄色い財布は金運的に好ましいと取り上げられていますが、こういった財布はお金を呼び寄せることも多いのですが、出ていくことも多い色になりますので気をつけましょう。

金運を確かなものにするには、黒や茶色が好ましく、そこに金色の金具がついてあるとさらにいいという見方をされています。

緑色の財布はたとえお金が出て行ったとしても、改めて戻って来てくれるため金運を考える上で良い色でしょう。

金運上昇を望んでいるのなら、赤は持たないほうがいい財布の色で、お金が燃えてしまいなくなるとされています。

赤を持つと買いたいという衝動を抑えられなくなることがあるため、金運を高めるという効力は望めないでしょう。

また、青も金運アップには向かない財布の色となります。

金運アップに好ましい財布を自分にとっての吉方位のお店で買うと、一層運気が上昇すると考えられています。

コンタクトレンズ通販ランキング.com b r p

金運ニュース

金運ニュース